学童保育の情報サイト

オススメの学童保育ランキングTOP5

伸芽'Sクラブ

  • 幼児教育のパイオニアであり半世紀以上の実績に基づいた安定感
  • うれしい「長時間託児」では給食や送迎のほか個性重視教育の追加が可能
  • 安心かつ安全で高い教育水準を備えた指導者で万全のサポート体制

築き上げた伸芽会式教育メソッドが魅力

過去半世紀以上にわたって名門小学校、または名門幼稚園に子供たちを送り出しているということは、こちらの教育メソッドの効果を実証するものであり、また、数多くのご家庭から支持を集め続けているという実績です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

伸芽'Sクラブに対するみんなの口コミ

  • 共働きで子供と触れ合う時間が少ないことで、知育の力を入れられずに困っておりましたが、こちら教育理念、教育メソッドに感銘を受け、こちらにお願いすることにしました。子供も集団生活を楽しんでいる様子で、選ぶ目に間違いはありませんで...

  • 小学校受験に関して知識が乏しく、どのようにすれば良いのか何もわからない状態でのスタートでしたが、小学校受験をするという意味であるとか、そもそもの幼児教育の根本から、親子共々、スタッフの方に丁寧に教えて頂きました。意識の高い先...

  • 子供を預けつつ、「プラスワン教育」で習い事をさせられるのは嬉しいです。仕事の関係上、習い事の送り迎えであるとかが出来ない為、それを一緒にして頂けるのは本当に有難いです。絵画を習わせており、子供の創造力の高さに驚かされています...

ワオキッズ

  • 創造力の向上や自発の促進を念頭に置いた多彩なプログラム
  • 保護者目線から考え抜かれた環境づくりと便利なサービス
  • 母体で培われたノウハウが活かされた安全かつ安心の施設環境

保護者の要望から生まれた学童保育施設

グループが運営する保育園の保護者からの熱い要望で生まれた施設なだけあって、保護者が思う「こんなサービスがあったら嬉しいな!」が多数実現されています。保護者目線に立った視点を常に忘れてません。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

ワオキッズに対するみんなの口コミ

  • 様々なイベントを企画してくれるのが嬉しいです。お正月の昔遊びなど、親は懐かしく、子供には新しい遊び方を提案してくれたり、なかなか自宅では用意できないものばかりを、季節ごと、イベントごとにしてくれるので、子供の教育上も有難いで...

  • 仕事の都合上、延長対応を頻繁にしていたところ、月極延長というシステムを教えてくださり、非常に助かりました。20時に迎えに行っても嫌な顔一つせず、笑顔でお疲れ様ですと労って頂き、子供ともども笑顔で見送ってくださるスタッフの方に...

  • セキュリティーがしっかりされていて、こちらの入退室時に、私の携帯電話に画像付きのメールが送られてくるので、子供の無事を逐次確認することが出来、安心しております。こちらを選択して間違いなかったと思っています。...

キッズ大陸

  • 働いていても安心して子供の個性を伸ばしてあげられる
  • 様々な体験をして主体性を学んでいけるスポーツ中心カリキュラム
  • 子供の成長をリアルタイムで一緒に喜んであげられるシステム

卒業後も技術指導を受け続ける長期的な魅力

グループの大学、専門学校と連携されているので教員の育成面は完璧です。プールやスタジオ、フットサルコートなどの施設が充実しているので、卒業しても専門指導者のスポーツ指導を受け続ける事が可能です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

キッズ大陸に対するみんなの口コミ

  • 産後から初めて働きに出ようと考え、2歳から預かってくれる園を探している時にキッズ大陸を見つけました。入園説明会の時の体操体験に息子がとても喜んでいたので、スポーツをやらしてあげよう。と思い、ここに決断しました。こちらの園では...

  • 送迎バスが毎朝迎えに来てくれますので、安心して朝は預ける事ができています。私は働きに出ているので園内の様子が解らない事が一番に不安だったのですが、ここは園内での子供の様子を確認できるアプリを配信してくれていて、このシステムは...

  • 娘に合ったスポーツをさせてあげたいと思っていた時に、知り合いからキッズ大陸の評判を聞き入園する事にしました。小さい頃に身につけておいた方が良い様々な体験を経験させてくれる教員カリキュラムなのでスポーツをしていくのには最適な環...

ティップネス・キッズ

ティップネス・キッズ

様々な成長方法で環境に合わせたプラン設定

運動系から知育系、音楽系までの習い事を同じ施設内で行えます。平日の時間を有効的に習い事ができるので土日は家族の時間を過ごす事ができます。要望や希望に合ったプランを決めれるので子供の成長を応援できます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

キッズベースキャンプ

キッズベースキャンプ

ワクワクする冒険から人間力を習得

学校や塾では学ぶ事のできないコミュニケーション能力や人間として必要な知識を学んでいける環境です。普段の生活では味わえない経験や体験から学ぶ感情や、将来に活きる大切な時間を過ごす事ができます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

学童保育の基礎知識

椅子に座っている女性の絵

学童保育とは

今の時代は親が共働きしている家庭が増えてきており、またそれ以外にもシングルマザーという理由から子どもを学童保育に預けるという家庭が増えてきている傾向にあります。特に子どもが近々進学する家庭にとっては、学童保育に子どもを預けることを検討するということも決して少なくありません。そんな学童保育なのですが、学童保育とはどういうところなのか気になる方も多いと思います。その学童保育とは一体どういった場所になるのでしょうか?
そもそも学童保育というのは、親が共働き等の理由で、学校の放課後以降に子どもの面倒を見ることが出来ない家庭を対象に、学童保育所で親の代わりに子どもを見てもらえる場所となっています。最初は学童保育に預けられるのは小学3年生の子までだったのですが、2015年の春から小学6年生の子まで預けられるようになりました。
子どもの学童保育での過ごし方は、学校で出された宿題をこなしたり、学童内か外でお友達と遊んだり、また時間になったらみんなでおやつを食べたりなどをして過ごしていきます。また、学童保育にも民間・公立が存在します。公立の学童の場合は宿題などの学習指導は基本的に行ってはいませんが、民間の学童の場合は宿題や宿題以外の学習指導を行っている学童もあるようです。公立と民間どちらもメリット・デメリットがありますので、それらを踏まえた上で子どもを預ける学童保育を選んでいきましょう。

寝転んでいる子供

学童保育の特徴とは

学校の放課後以降に小学生の子どもを代わりに見てくれる学童保育。しかし学童保育とは何か?どんなことをするのか?ということを今更誰にも聞けない方も多くいらっしゃると思います。学童保育の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか?
まず、学童保育というのは保護者が働いている等の理由で、学校の放課後以降も自宅で子どもをみることが出来ない家庭を対象に、学童保育所で学童保育指導員が保護者の代わりに子どもをみてくれる制度です。
学童保育の種類としましては、自治体が設立・運営している『公設公営』、設立は自治体で運営は民間の『公設民営』、民間が設立・運営をしている『民設民営』という3つに分かれます。学童保育所の特徴などもそれぞれ変わってきます。学童保育は無料ではなく有料になりますので、子どもを学童保育に預けようと検討している方は事前に「どこが設立・運営をしているのか」などの情報をネット等で調べることをオススメします。
また、公立の学童保育では預かり時間や年齢などの制限がありますが、費用に関しては公立ということもあり民間の学童保育よりも比較的安く子どもを預けられるという点があります。民間の場合は、公立では制限がある時間や年齢なども基本的には不問で、中には夜遅くまで預かってくれる学童保育所も存在します。ただし、民間は公立よりも費用は高めですので、こちらに関しても事前に調べたり直接学童保育所に問い合わせたりなど、それぞれのご家庭に合わせた学童を探していきましょう。

ボールを持っている子供

学童保育のメリットとは

学校終わりの放課後に小学校の子の面倒を見てくれる学童保育。学童保育は親の共働きなどの家庭事情でどうしても学校終わりの子どもを見ることが出来ない家庭を対象に利用できる制度になりますが、子どもを学童保育に預けるメリットとは一体どのようなものになっているのでしょうか?
まず、学童保育のメリットは「託児所などと比べると料金が安い」という点です。厚生労働省の統計によりますと、多くの学童保育では1ヶ月で大体4千円~高くても6千円程度で子どもを預ける事が出来ます。
そして学童保育の場所なのですが、多くは小学校の敷地内を利用していることが多いので、学校が終わった後の放課後にすぐに学童まで行く事が可能です。小学校から歩いてすぐの場所に学童がある場合も中にはあります。
また、学童では夏休みや冬休みなど、長期間の休暇でも子どもを見てもらうことが出来ますので、長期休暇間でも心配は無用です。時期によっては遠足、クリスマス会などの楽しいイベントも用意されていますので、子どもにとっては楽しい思い出を作る事も出来ますし、学童内で友達も出来ることでしょう。
学童保育のメリットはこの他にも様々にありますので、共働きなどの事情があるご家庭は一度子どもを学童保育に預けるということを検討してみてはいかがでしょうか。

本を読んでいる女性と子供

学童保育のデメリットとは

学童保育のメリットは魅力的で、特に共働きをされている家庭にとってはとてもありがたい存在なのですが、逆に学童保育のデメリットとは一体何でしょうか?今回は学童保育を利用するデメリットを紹介します。
【費用負担がある】当然のことではありますが、残念ながら学童保育は公立・民間問わず無料ではなく有料となっています。また公立の場合だと費用は安い方ですが、そういった理由もあり場合によっては定員が満員で公立の学童保育に入れなかったということもあります。そうなると、公立の学童保育よりも費用が比較的高い民間の学童保育に入らざるをえなくなり、予想していたよりも高い出費になることもあります。
【集団生活でのストレス】学童保育というのは、学校と同じく集団生活になってしまうため子どもの性格によってはストレスが溜まってしまうということも。子どもが楽しく学童で過ごすためにも、時には子どもの話に耳を傾けたりすることが大切です。
【学童保育の子たちとしか遊べない】これは保護者ではなく子どもにとってのデメリットになりますが、学校で仲良しの友達が学童に入っていない場合は放課後に一緒に遊ぶことは出来ませんので、子どもによってはそういったことでもストレスが溜まってしまうという事もあります。
学童保育のそれぞれのメリットとデメリットを踏まえた上で、子どもを預けるかどうかを決めるようにしていきましょう。

学童保育のコラム

学童保育ランキング

TOP