学童保育関連情報

HOME民間の学童保育について

最終更新日:2017/09/19

民間の学童保育について

英語を教えている女性の絵

公立と比べて民間が経営する学童保育であれば、より多様なサービスを受ける事が可能です。特に夜遅くまで受け入れ可能な民間学童保育所であれば、遅い時間まで仕事をしている親でも安心して子供を預ける事ができるでしょう。民間の学童保育施設は公立の施設よりもややサービス料金が高く設定されていますが、それだけに前述したフレキシブルな対応を始めとする幅広く充実した保育サービスを受ける事ができるでしょう。
特に教育に力を入れている保育施設の場合、宿題を監督したり各種習い事のカリキュラムを設けていたりと、子供の学習習慣を無理なく身に付けるための工夫が盛り込まれているのです。もちろん遊び相手や夕食のお世話、入浴などもサポートしてくれるので、預ける側の親も安心する事ができます。
とはいえ、やはり民間の学童保育施設利用で問題となってしまうのが、その割高なサービス利用料金です。利用にあたっては月々5~6万円が相場となり、高いところでは10万円近くも月謝を払うケースがあります。民間の学童保育を利用する際は、そういった部分も考慮したうえで契約していく必要があります。
利用料金が高い分、送迎サービスや基本的な保育サービスも優良施設であればしっかりした内容となっていますので、家庭の経済状況を考慮したうえで施設の選択を行ってみると良いでしょう。特に子供の送り迎えを安全に行ってくれる送迎サービスは、防犯の意味を考えるとかなり重要なポイントだと言えるでしょう。
その他にも民間の学童保育施設では、公立の施設には無い優位性があります。提供されるサービス内容の詳細は書く民間施設の公式ウェブサイトで確認できますので、料金など加味したうえでチェックしておきましょう。特に子供の将来へ必要な学力を早めの段階から学ばせておきたい親であれば、保育サービスの中に教育カリキュラムがしっかり盛り込まれているところを探してみて下さい。どういった内容の勉強を行い、どんな先生によるサポートを得られるのかなど、公営以上にシビアな目線で比較検討してみて欲しいです。
民間である分サービス内容は行き届いている傾向にあるものの、実際に施設見学などを事前に行って信頼できるかどうかをよく見ておく事が重要となります。多くの民間学童保育施設では無料の資料請求を行う事が可能ですので、施設見学と併せてメールフォームから発送依頼しておくのをオススメしておきます。より良い保育施設を選び、理想的な子供のサポートを実現していきましょう。

一覧はこちら

学童保育ランキング

TOP