学童保育関連情報

HOME学童保育の内容について

最終更新日:2017/09/19

学童保育の内容について

猫の絵

学童保育の施設それぞれに子供へ行うカリキュラム内容は変わってきます。施設ごとに保育のコンセプトやテーマが違いますので、初めて子供を預ける際はカリキュラム内容もしっかり事前に確認しておく事が大切です。
最近では人気施設である程、一般的な基礎教育に力を入れている傾向にあり、各種学問や習い事などを本格的に教えている施設が増えているのです。特にニーズが高まっているのが語学系の勉強カリキュラムを採用している施設です。英語を始めとする各種語学習得というのは、大人になればなる程身に付きづらい分野です。これは脳の成長段階においてどうしても仕方の無い事です。語学カリキュラムを充実させている学童保育施設というのは、そういった人間の子供の脳が未発達な段階の語学訓練が一番ベストであるという事を理解しているのでしょう。優良学童保育施設ほど、語学の学ばせ方は非常に質が高い内容となっている事を覚えておきましょう。
もちろん勉強ばかりでなく、大事な遊びや情操教育に関しても、特に民間系の学童保育施設ではカリキュラムにしっかり力を注いでいます。最新の脳科学を元にブロック遊びやクイズなど、遊びを通して自然に能力アップを狙える様々なプログラムが数多くあります。基本的な学力も日本で生きる上では大切な要素ですが、根本的な発想力や想像力、物事を考える力などを養うためには、子供の好奇心を上手く刺激してくれる様々な遊びをさせていく事が最も効果的なのです。
その他、施設規模の大きい所では、プールやトレーニングルームなどを使った基礎体力の訓練も行っています。頭だけを鍛えるのでなく、しっかりと年齢に必要な最低限の体力を備えさせるために、豊富なトレーニングメニューを用意してくれているのです。子供の成長段階に合わせてトレーニング内容は変更してもらえますので、施設利用の際はしっかりと担当スタッフと綿密なプラン立てを行っておきましょう。
簡単に紹介しましたが、最近の学童保育施設が提供しているサービス内容は、子供の総合的な成長を考えた総合的なサポートを行うのが最近の傾向となります。民間は良くも悪くも競争原理が働いている事もあり、こういった保育カリキュラムの内容はどんどん本格的になっていますので、家庭の経済状況や子供の性質を考慮したうえで、最適な内容の学童保育施設を探し出してみましょう。施設の中には一般教育機関と同じように、集団で遠足やキャンプを行うところもあるので、子供にとって貴重な体験を積ませる事もできますよ。

一覧はこちら

学童保育ランキング

TOP